そもそも敷金ってどんなお金?

賃貸住宅入居時の初期費用のうち、大きなウェイトを占めるのが敷金です。保証金という名前になっていることもありますが、意味合いはほぼ同じです。家賃の2か月分という物件もあれば、6か月分というところもあります。家賃が6万円としても6か月分なら36万円ですから、まとまったお金です。そもそも敷金とは、保証金として預けておくお金です。家賃を滞納したり、設備を壊してしまった時のために預けておくもので、本来なら退去時に全額戻ってきます。

敷金からクリーニング費用が引かれることも

しかし実際には全額戻ってくることは滅多にありません。退去時にクロスの張り替え等、原状回復費用として一定額差し引かれるのが一般的です。経年劣化によるクロスの汚れなどは本来家主負担であり、敷金から差し引かれるのは不当です。しかし借主が原状回復すべきもの、貸主が負担すべきものには争いがあり、借主側は退去する時まで敷金がいくら戻ってくるか分からない、というのが現状です。本来貸主が負担すべきクリーニング費用まで差し引かれることもあります。

契約時に原状回復の内容を確認しておこう

30万円預けた敷金が全部戻ってくると思っていたら、5万円しか戻ってこなかった、ということになれば、借主は予定が狂って困りますよね。こうしたリスクを避けるためには、入居時に敷金から引かれるものをきちんと確認しておくことが大切です。特に原状回復については家主側に有利な契約内容になっていることが多いので、しっかりと確認しておきましょう。原状回復義務については国交省が定めたガイドラインがありますので、契約前に確認しておくと良いでしょう。

札幌市東区の賃貸は非常に人気の高い物件で、交通アクセスが便利などの魅力が多い地域ですので、多くの方が入居しています。