お得な賃貸を選ぶには

賃貸には安い時期と高い時期が存在します。急きょ必要が生じた場合はともかく、基本は11月がねらい目です。お得に済ませたい場合は、できることなら11月に引っ越す計画を立てると良いでしょう。また、相場観をしっかり持つというんも重要です。人気の駅では当然高くなりますが、それ以外の駅であれば設備も納得できるレベルでそれなりに安い値段のところがあります。このエリアでは、この設備の家でこのくらいということを念頭に置いて探すと探しやすくなります。

礼金の値下げを交渉してみる

礼金とは、昔大家さんに家を貸していただいたお礼として払っていたものです。現在では大家さんが、不動産会社に仲介手数料として払っています。古くからの習慣が定着しているので、大家さんが払うべき仲介手数料を入居者が払っているのが現状です。このお金は一度払ったら戻ってきません。現在借り手が付かず、空室に悩んで切る不動産会社では大家さんと交渉して、礼金を下げてくれるようお願いしてくれることがあります。入居前の話し合いの段階で、不動産会社へ聞いてみてください。

退出するときのことも考えて

借りる時点で安くなったからOKかというと、そうではない。意外に、家を出る際お金がかかるものである。なので、契約書で退出するときの条件をしっかり確認する必要がある。鍵交換やクリーニングの代金は必ず見ておきましょう。また、そこに入居する前に部屋にもともとあった汚れや傷を写真にとっておきましょう。これは、その部屋から引っ越す時まで大切に保管してください。こちらが付けたものでないとわかれば、不必要に敷金を支払わずに済みます。

一戸建ての場合、ローンの審査があり、審査が通らなければ住めなくなることもありますが、帯広の賃貸マンションは、賃貸なので、ローンの審査がありません。